ムンバイ旅行でおすすめの観光地

ムンバイ旅行でおすすめの観光地


画像参照:M M

インドの都市ムンバイは、インドの西海岸に面するインド最大の都市で西インド観光の基点でもあります。
インドの商業や経済の中心地であり、日本でも成田・関西から直通便が運航しています。

過去、ムンバイはボンベイという名称で呼ばれていましたが、1995年にムンバイという名前に変更されています。
ムンバイは、現在では1800万人超える人口を抱える大都市であり、高層ビルが多く立ち並んでいます。
イギリス統治時代の名残を残すフォート地区周辺には、現在でもコロニアルスタイルの建物が多く残っており、
このフォート地区と市街中心部に、おすすめしたい観光地が集中しています。
また、市街北部に位置する空港に近いジュフービーチは、施設の整ったリゾート地として人気があります。

ムンバイに旅行に行った際に、ぜひ見ておきたい観光地が「ドービー・ガード」です。
100年以上の歴史を持つ、ムンバイ市内最大の屋外洗濯場となります。
洗濯機が普及した現在でも、ドービー・ガードでは手作業で洗濯している人の姿を見ることができ、はためく洗濯物が壮観です。
ドビー・ガードを見学するおすすめスポットは、マハーラシュミー駅南側にかかる陸橋の上となります。

ドービー・ガード以外におすすめしたいムンバイの観光地は、チャトラパティ・シヴァージー駅(旧ヴィクトリア駅)となります。
この駅は、インド最大の乗降客数を誇る現役の鉄道駅でありながら、コロニアル建築を代表する世界遺産でもあります。
壮大なヴィクトリアン・ゴシック様式の外観は、教会のようにも見えます。

ムンバイ郊外まで足をのばすと、「エレファンタ島」観光がおすすめです。
インド門の裏から、船で約1時間で到着する小島です。
以前は、ガーラーブリー島と呼ばれていましたが、16世紀にポルトガル人が上陸し、巨大な象の石像を発見して以来、
「エレファンタ島」と呼ばれるようになりました。エレファンタ島は1987年に世界遺産に登録されています。
この島には7窟のヒンドゥー教の石窟寺院があり、素晴らしい彫刻が残されています。

インドのムンバイに旅行に行った際に、おすすめしたいホテルが、「タージ・マハル・ホテル」となります。
タージ・マハル・ホテルは、インド民主主義のシンボルである「インド門」の前に建つ、世界有数のホテル。
インド最大の大富豪といわれた、ジャムシェードジー・ターターが建設したホテルとなります。
ホテル最上階のバーからは、海軍の基地が見えてしまうので、写真撮影は禁止されています。

海外ホテル検索おすすめサイト

最大75%OFFのハワイホテル | 最大75%OFFのグアム ホテル |最大75%OFFのソウル ホテル